スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れて。。 

遅れまして

第6回にいがた総おどり。

今年もやっぱり忙しかった。
過去最大の忙しさでした。

いつもドキドキしながら毎日を送っていました。
このドキドキは仕事の量の多さに押しつぶされそうだったり、仕事が間に合わなかったり、日に日に近づいてくる祭りの足音にワクワクしたり、祭2週間前にMYパソコンがクラッシュしたり。

6月から新潟でまた祭を創り始めて、あっとゆーまの3ヶ月でした。

いろんな人がこの祭りに思いを込めてくれています。
そして僕らはこの祭りの一番の底辺にいます。

だからこそ、僕ら以外の人が祭り創りのお手伝いをしてくれていることがすごく嬉しかった。
それぞれの能力にあわせ、たくさんの人がこの祭を創ってくれています。

おおきなパネルを創るのも祭創り。
竹を切るのも祭創り。
ゴミ拾いをするのも祭創り。
一生懸命踊るのも祭創り。

祭当日はあまり楽しむ余裕もなかったかな。
初めてのことが多かったから。
でも楽しかった。
そしてこの祭りの雰囲気にたまらなく興奮した。
今年は頼もしい仲間がたくさんいた。
心強かった。
みんなありがとう。

中日のサプライズ。
万代十字路にたったとき、目の前にいる全ての人が輝いて見えた。
打合せを事務局でやってるバレバレのサプライズだった。
いつものように拉致られて、名前をよばれて、、、
ただ、僕の23年の人生で一番感動した。

祭りを創っているのは間違いなくこの会場にいる人だ。
子どもからお年寄りまで。

この祭りをもっと良くしたい。
みんなで良くしたい。

総おどりに出会って4年目。
僕は当時19才。短髪に茶髪、両耳ピアス0ゲージ。
総おどりは6年目。
僕は現在23才。短髪に落ち着いた茶髪。。

この短い時間で、この場所で僕は様々な奇跡を目の当たりにしてきました。
いろんな出会いがありました。
全ての出会いに感謝。
僕はこれからもにいがた総おどりと共に時間をすごして生きたいです。

僕はにいがた総おどりが好きです。
新潟が好きです。

そして、これからもズットこの祭りの底辺であり続けたいです。




さてさて、11日から私、夏休みなのです。
1週間!!
今日の最終の高速バスで東京に行きます。
土、日は山梨に行きます。
いろいろやり遅れていたことをやりに。
たぶん、総おどりの時より緊張するだろうな。

2日くらいは世界で一番だらだらしたいと思います。

夏! 

世間は夏休みやお盆真っ只中らしい。

僕はというと、いつもと同じ。
忙しい毎日を送っている。

にいがた総おどりまであと32日!
この忙しい毎日もあと32日で一区切りを迎える。

長いようで、あっという間のお祭り準備期間。

お祭りが終わったらまず、みんなに「ありがとう」いう。

それから、遅めの夏休みをもらって東京にいったり、山梨にいったり、映画を見に行ったり、24のシーズン6を見たり。
やりたいことはたくさん。

そんなことをたまに考えながら、今はお祭り創りの追い込み!!

40祭じゃなくて歳 

新事務局+クーラーがない=蒸し風呂
でもそんな辛さも明日まで。
虫さんと夜の仕事も今日まで。

明日からは快適なハズ!・・・たぶん


さて、最近ある人にあることを言われました。

「40歳の自分を考えながら生きていきなさい」

僕はその答えに対して答えを出せませんでした。
今目の前にあることに全力疾走していく。
ソレが僕の目標でした。

今後、祭り創りを通して僕はきっと成長していくんだと思う。
40歳の自分は・・・まだ見えない。

でも、このビジョンが見えたとき、また何か大きく変わる気がする。

それにしても暑い。。

地震 

先週起きた中越沖地震。

みなさん大丈夫でしたか?

僕の実家は柏崎です。
なので先週、土、日と実家に帰省しました。

僕の住んでいる地域は、ガス、水道はでないものの大きな被害はありませんでした。
DSCF1326.jpg


今では、以前と変わらない生活が出来ているそうです。

しかし、中心市街地は息が詰まるほどの光景でした。
戦争?
僕の第一印象でした。
DSCF1332.jpg

DSCF1333.jpg

DSCF1336.jpg

DSCF1342.jpg


僕は柏崎は絶対安全だ!といつも心の何処かで思っていました。
変な確信がありました。
自分の住んでる地域は安全だ!みんなも思ってるよね?

でも今回一番身近なところで災害は起きました。

最初はよく分からなかった。
地震のとき、僕は事務局の引越しの真っ只中だった。
そこに突然の地震。
僕はすぐに車のラジオをつけた。

震源は中越・・・・またか

かた中越か。。
すぐ実家に電話した。
なかなか繋がらなかった、

やっと繋がった。
みんな無事らしい。
ホントはすごい動揺してた。
でもみんながいるから平気なふりをした。

DSCF1335.jpg

DSCF1331.jpg



実家に戻って市内を見て回ったとき、

中学生のときよく行ってた本屋が倒れていた。
毎週通っていた道が通れなくなっていた。
よく遊んでたゲーセンがムチャクシャになってた。

神様は何で中越ばかりに、試練を与えるんだろう。
やっとみんな思い出に出来そうだったのに。

なんで?

そう思わずにはいられなかった。

その夜は温泉にいった。
ガスが使えないから、ほとんどの人がココにくる。

久しぶりにいろんな人にいあった。

その中の一人に、薬局を経営してる人がいた。

「やめようかと思った」その人がいった。
でもその人は「でもやることにした」

そういってた。

みんなあきらめてなんかいなかった。

きっとこの地震がきっかけでまた絆が生まれる。
そしてまた繋がっていく。
DSCF1339.jpg


こんな言い方したら良くないかもだけど、
この地震がきっかけでいいこともあった。

崩れかけてたものが、少し修復されたかな。

こうやってまた絆が深くなるんだ。



今僕が被災地に向けて出来ること。。

僕はみんなが笑顔になることがしたい。

楽しみにしていた祭りも中止になった。

まつり。

どこまでいけるかな?

まってろ柏崎!!

プチリニューアル 

みなさま、どーもお久しぶり^^
気づけば半年近く放置・・・

と!ゆーことでタイトルも一身リニューアルです。
(ずいぶん前からですが)

まずはご挨拶!

え~私、6月から新潟でお祭りを創っています。
えっ東京行ってたんじゃないの??

・・・戻ってきました。。。

あんなに盛大に送り出されたくせに、2月で戻ってきちまいました。

お騒がせしました。


これからは、新潟のため、人のため、子どもたちの為に一生懸命頑張りたいと思います。

どーぞ、これからもよろしくお願いいたします。

このブログは、僕がお祭り創りに関わっていく日常でおきた、出来事、または普通の日常の出来事を中心に書いていけたらと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。